AV女優の『つぼみ』ドキドキセックス動画

身長160m。ロリロリフェイスのつぼみちゃんです。ロリカワつぼみちゃんのセックス動画を堪能下さい。 - 痴女に犯された

痴女に犯された

目の前でその交通事故が起きた。
「ダンッ!」という鈍い音と共に目の前へ人間が飛んできた。
首が不自然に折れ曲がり、既に事果てている事は明らかな様子だ。
50歳位の身なりの整っていない…恐らく路上生活者、ホームレスと言った感じだ。
車のドアが開く音と「カツッカツッ…」と足音が聞こえると若い女が駆け寄ってきた。
口に手を当てて立ちすくんで居る。
私は直にこの女が車で撥ねたと解かった。
「あんた、引いたね?」私が訪ねると女は首を振りながら
「この人が飛び出してきたから悪いのよっ、私は違反なんかしていないっ!」と声を荒げて立ち去ろうとした。
「あんた逃げるのかいっ!ひき逃げだぞ」
実は私もホームレスで、仲間意識があったと言うか…その女の行動が許せなかった。
「こっ…これで見なかった事にして」
女は財布から金を10万円ばかり取り出し私に無理矢理つかませようとした。
「ふざけんな!人が死んでいるんだぞ」
とりあえず、警察へ行くかそれとも私が通報するかどっかにしろと伝えた
「それは困ります」
困りますってあんたね・・・
そう言い出そうとすると私をその事故を起こした車に押し込んで走り始めた
「どこに行くんだいっ!」
私はこの女に殺されるかも知れない。
いや、この女に殺されなくてもこの高級車がこの女か女の旦那の経済力と地位を物語っている。
河川敷の誰も来ない所に停車・・・
(俺はここで殺されるのか?)
そう思った時だった。
「お願いします。見なかった事にしてください。何でも言う事を聞きます。」
私はこの女の考えている事が解かって来た。
「ふざけるな!そういう問題じゃないだろう」
と言いかけたのだが女は白いスカートの中でパンツを脱ぎ始まった。
私が車から降りようとすると女に押さえ込まれ、「お願いだから・・・」
と逆に無理に立たせられてしました。
何でこんな時におっ立つんだ….と思っていたが、女はシートを倒し私の上に乗りかかってきた。
人を殺した興奮とヤッている興奮とが交差しているのだろうか?
その女は異常な程に局部を濡らし激しく腰を振り、声を荒げた
「あぁっ..ああぁ…あぁ…」
一週間も風呂に入っていない私の小汚く臭くていきり立ったモノが、地位や名誉のありそうな女のココの中で跳ね回っている。
拒否していた事など忘れ今度はこの女をシートに寝かせ、シートベルトを使いハンドルに脚を縛り付ける。
「丸見えだぞ」と罵るとその女は「見ないでぇ~」と言いながら局部をピクピクと動かした。
ヌルヌルと淫汁でいきり立った私のぶっといモノを、手で2.3回シュコ・シュコとしごくと更に大きさが増し、
女の局部に「ピタンッ・・・ピタンッ・・・」と貼り付け、剥がし、貼り付け、剥がしを続けた。
「もう・・・もう・・・早くぅ」
ニヤッと口を曲げながら、私は涎を流す下の口を塞ぐ為にそれを深々と「ヌルンッ!」と差込み栓をした。
「あぁぁぁ!!!」
車のシートがギシギシ音を立てる。
「クッチョ.クッチョ.クッチョ.クッチョ…..」
どうなってもいい…中で出そうが、腰の骨がおかしくなろうが大きな音を立てて
「パンッパンッパンッパンッ…」と局部に私自信を打ちつける。
凄い内部構造の女だ、入り口と奥の二ヶ所で締め付けて途中の肉ヒダが先っぽにチュルチュルと絡み付いてくる。
ハンドルに縛り付けた脚がたまにクラクションを「パァッ!・・・・パァッ!」と鳴らす。
その音が近くの者に感ずかれまいかどうか、心配なのだろか?音が鳴る都度に女は恥部をキュッ・・・キュッ・・・と締め付けてくる。
限界だ….出るっ!
(おおっ…はっ…はっ..はっ…)
この女の中に全部出してしまった。
だが、女は私を下にすると先程にもまして腰を激しく動かし始めた。
(なっ・・・.なっ・・・もう…)
「ヌチュッ・ヌチュッ・ヌチュッ・・・」
女は興奮が冷めずに私が出してしまい、萎縮を始めているというのにいっこうに動きを弱めない。
「もう・・・ヤメテクレェェ~」
ヤメテクレとお願いしてから開放まで6時間・・・
私は髪まで白くなり廃人になろうとしていた。
女は「人を跳ねたおかげで、パパ以外の男とヤレタ」と喜んでいた。
(ハァ…私がタメ息を吐きながらズボンをあげようとしたとき、
「もう一回しよっ!と言いながら、私のモノを
(ジュルジュルッ)
とこの変態で人殺しの奥さんがしゃぶり始めた。